田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

これも・・こだわり

もうすぐジャガイモ(ばれいしょ)の植え付け時期です。


この野菜、厄介な事があります。
そう、連作が大嫌いです。


同じ畑に連続して栽培すると病気や虫が発生しやすく、
豊作が期待できませんね。


だから、まずこの野菜の作付け場所を決めます。


そこで、わが家のこだわり!!
予め落ち葉を運んで耕うんしておいた畑に施すもの。


そう、ふんだんに牛ふん堆肥を施します。
土の色が黒っぽく変わっているのが解るかな?


一坪当たり大袋で2袋くらいの量です。
面積はは50坪くらいだから、園芸店で購入すると2万円くらいかな。



かまぼこ状に畝立てして、まずは、第1段階。
竹は目印ですが、黒っぽい筋状の畝がわかりますか?

牛ふん堆肥と合わせて苦土石灰(マグネシウム入りの石灰岩の粉末肥料)
を施して耕うんし、畝立てしました。


ジャガイモの植え付けのときには、
そう、
もうご存知ですね。
またまた焼き籾殻が登場しますよ。



いつも訪問、ありがとうございます。




今時に大掃除?

ちょっと寒いのは当たり前。
新年そうそうの大掃除が始まりました。
ガタッ、ゴトッと・・・・



これは何でしょう?
どこにあったのだろう~
まるでクイズみたいですね・・・・・



ああ、ここか
なんと、冷蔵庫の密封のためのパッキンだ。



引き出しから、ここまで分解して掃除とは



そう、今月から子供(長男)が一人立ちします。
大型冷蔵庫は、かつて倉敷で愛用していたもの。



ここまで分解すると、6枚ドアの大型冷蔵庫とは思えない。
手前にあるのは、引き出し部分です。


別居しても、本家はここだよ
笑顔で送り出してやりたい。



ご訪問、ありがとうございました。

豊作祈願の雪景色

各地で雪の便りです。
厳しい冷え込みは今日までということですが、


そんなに悠長ではないよ・・・と
そうですね。寒いし、スリップも


ここ、瀬戸内地域は雪が積もるとしてもわずかです。
だから、雪を見て初めて
「チェーンが無い・・・」など
備えが十分できていないからトラブルも多いです。



でも、田舎では寒くないと害虫は減らないし、
土も力強くならない


だから、豊作祈願の雪です。


家の中絵は、薪ストーブがのんびり燃えています。
洗濯物干すのが忙しい。