田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

手打ち蕎麦は難しい~

ここ最近、


お蕎麦打ちに熱中。


うどんの場合は小麦粉と水とお塩ですが、


手打ちそばは山芋と卵だけ。
水は使いません。



今回は


練った蕎麦玉を延ばしてみましょう。

まずは打ち粉をしっかりと。
打ち粉は当然ながらそば粉です。


麺打ち棒の出番です。
棒に麺を巻き付けて~


軽く押し付けながら前方へ


次は、向きを90度変えて繰り返し


麺板一杯に広がったら、
切りやすいように折りたたみます。


この時の打ち粉は多めに。



さあ、麺包丁でカット


うまく切れるかな~


うまく切れるかどうかは練りの硬さが左右します。
手打ち蕎麦の難しさはここです。


蕎麦粉のお値段はうどんの粉の5倍くらい。
だから失敗したくない。


太かったり、硬すぎたりと
今年も波乱続きの蕎麦打ちです。


ご注文いただいたみなさん、
ありがとうございました。


いつもご訪問、ありがとうございます。


”あいヨガ”に魅せられて

「バンサイと延ばした両手の、手のひらを内側にして、
その手のひらで天井を押し上げるように」っと、


声をかける岡山のあいヨガ・杉山先生


周りで見守るサポーターのみなさん


そう、


今日はあいヨガの日です。



外出の機会が少ない視覚障がい者を対象として


毎月、岡山市と倉敷市で開催されている”あいヨガ”です。


今回も生き生きした生徒さんの
表情が印象的です。ℨ



あらら、わんちゃんも。
ご主人のかたわらで添い寝かな?


いつもながら感心するのは、
◎先生とサポーターの皆さんが会場の準備~後片付け。
◎参加費は運営実費相当だけ。


これからもよろしくお願いします。


いつもご訪問、ありがとうございます。




命をつなぐ

「先生、届きました。」
看護師さんのこんな声がどこかで・・


今年初めての献血に行きました。


微力でも、役に立てばと思います。


思えば、献血を始めて30数年。


最初のころは長年願っていた


我が子のの誕生への感謝。


そして今は、


献血ができる健康への感謝です。


こうして命はつながっていくのですね。



さて12月から、
各県支部ごとにまちまちだった献血ポイントが
全国統一されました。


今回はその切り替えの記念品(ホッカイロ)をいただきました。


さらにマッサージ、アイス、ヨーグルトと。


驚くばかりでした。


さらにさらに、


ここ岡山では、
前回お願いしていた献血時のビデオ鑑賞サービスの開始。
早速、お笑いのビデをを鑑賞させていただきました。
どちらかというといまいちかな。


でも、
あっと間の50分でした。


さあ、明日からまた
農作業だ。


いつもご訪問、ありがとうございます。