田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

⑪ 「アッ!!」女の子が沈んでいく。でも、周りの人は気づいていない。

  それは信じられない光景でした。
まるで、失速した紙飛行機が垂直に舞い落ちるように、
プールの底に向かって、前かがみの姿勢で沈んでいくのです。
同じコースの人は、その事態に気づいていないのです。


プールの水深は150~170cm、50m×8コース。トレーニングコースの出来事です。
水泳選手でも過度の緊張、過呼吸(息の吸い過ぎ)、ターン失敗で起こることがあると
教わりましった。


 私はその時、約10m離れた場所で泳いでいました。
その時に大声を出して助けを呼ぶのが基本ですが、声が出ず
自分でそこへ行こうとしたのです。すぐ隣のコースロープを超えようとした時に、
その女の子は2mくらい離れた場所にいた選手にすくい上げられたのです。良かった。


 また、いじめの光景を見たことがあります。小学生高学年らしい男の子が、ゴーグルを取り上げて、足で水中へ。ちょうど監視員の死角に当たるプールサイド中央の水深170cm付近です。水中でのいじめは大変危険ですからすぐに向かい止めさせ、監視員に引き継ぎました。

  また、年間で約2万4千人(平成27年)の自殺者がいる現実にも
目を背けてはいけません。私は水上安全法(水難救助)講習で
一人の命を救うことっがどれだけ大変なことかを学びました。 
逆に、正直なところ反省することも多いのです。 それから先のこと、
例えば、次の目標へ向けて練習していくのですが、加齢により筋力の
持久力や瞬発力が低下しつつあるのに、無理な練習を繰り返していました。
準備運動をしっかりしているつもりでも、2,000m位で足に引きつけを起こすことが
多くなりましたが、泳ぎながら片足を屈伸運動し、回復してからまた続けて泳ぐ。


これはやってはいけないことでした。冗談とは言えません。
アタリマエのことができなければいけませんね。

⑩ 「溺れても我々が、必ず助ける」

   水難救助の講習は厳しい。
命がけの仕事だから当たり前のこと。
だから遠泳、立泳ぎ、四泳法練習とやってきた。


でも、救助の訓練は全く違い、更に上級の技術を求められることになる。
例えばキック。横泳ぎのあおり足を上下反対にする”逆あおり足”。
溺者をキャッチして曳航(えいこう)するため、
大きな浮力と救助体制の保持を必要とするからです。


 状況判断、自己保全、救助器具の使用方法、水中での救助法など、
少々水を飲もうが、講習はドンドン進む。脱出法では、
溺者に乗りかかったり、蹴り飛ばしたりと、まるで格闘技のような訓練もあるのです。
その時、教官の怒号が響く。 「この訓練には人命がかかっている。
あなた方が溺れても、必ず我々が助ける
最後までやり遂げろ。」 繰り返される厳しい声。教官から、
溺者に掴まれたら逃げられない恐怖も教わる
 
いろいろなことが入り乱れて 講習はは2日、2週間の練習期間を設けられ、
そして、本試験。合格者は約半数で、
その末席に私の名前があったのです。

http://yasaihoridas.thebase.in/

⑨ 厳しい。その裏には ★責任★

>必要な基本泳力とは<
  ・500mを同一の泳法で10分以内で泳げること。
    ※参考:50歳台男子の泳力検定で、50mを60秒以内で泳げると3級認定
  ・潜水潜行が25m
    ※体の一部でも水上にでないこと。
     (試験は、反転→浮身の姿勢→潜水→潜行25m)
  ・立泳ぎが5分以上
    ※常時、頭と両手の人差し指が常に水上に出ていること。


  毎年、溺れている我が子を助けに行った父親が、
子供とともに水死といういたたましい事故が起きています。
必死の思いで数倍の力で父親にいがみつき、親子ともども
動けなくなったまま・・・。


 講習では、抱きつかれた時の脱出方法、溺れた人を振りほどき、
後方からのキャッチ、そして曳航などさまさまな訓練を行います。

厳しい。しかし先生のほとんど泳げなかったのに、
ここまでできたでしょう。この調子ならできる。」と励ましの言葉。
私の新たな、大きな目標へのスタートとなりました。


 そこでまた・・・「聞く」と「やること」の大違い。
立泳ぎなんてやったこともない。そして・・・