田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

美味しいものには、トゲがある・・・それは”ユズ”

アッ・・・イタタッ


今日はユズの収穫準備。
下草を刈っていると、足元に枯れ枝がポロリ。

ちょっと当たっただけでも痛いのがユズのトゲ。


矢印のところに、鋭いトゲ!!



サ・サ・サッと手早く刈り取って、これでOK。

今年は

6~7本大きな木があるけど、
たくさん実っているのは2本だけ。


一つひとつが大きいので果汁が一杯です。
プ~ンと口いっぱいに広がるユズの香り



無農薬栽培だから、皮も小さく切ってお料理に。
少し大きくカットすればほろ苦さも楽しめる。


色々な料理が楽しめます。
健康にも良いそうですね。



黄色く色づいたら魔法の筆さんに描いてもらいましょう。



ご訪問、ありがとうございました。

間引き菜の楽しみ・人参

秋野菜がだんだん大きくなってきました。


競争しながら育っていきます。


そこで、混み合っているところを間引いてやります。


その時の間引き菜が柔らかくて美味しい。


ダイコンは一夜漬けにしたり、白菜は薄塩でパクリ。


じゃあ、この人参はどうしようか。


わが家では小さな小魚を混ぜて天ぷらにしてくれました。


とっても美味しいです。


みなさんならどう調理されますか?


ご訪問、ありがとうございました。




この中には、キャベツ

みなさ~ん  こんにちは


今回登場したのは白色の網ネットのかかったトンネル。


何でしょうか?


これはキャベツの定食直後の姿なのです。
よ~く見ると、そうかなっと。


秋野菜の中でも、キャベツは虫の狙いの的。


かといってできるだけ農薬を使用したくない。



網ネットをかいくぐって入ったときは気を付けないといけないけど。



これなら、蝶(コナガ)も卵を産みに入られないでしょ。


トンネルの横には、イノシシが嫌うネットとビニールを敷いてみました。


これで虫からもも、またイノシシからも守っているつもりです


左手は収穫がほぼ終わったキュウリですが、
不思議なことに、イノシシはキュウリのネットは壊さないのですよ。



このキャベツ、これから一枚一枚刃が育ち、収穫までにはざっと50枚くらい
大きな葉が重なってできるんですね。
収穫は11月末から来年2月くらいかな。


ご訪問、ありがとうございました。