田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

代満て(しろみて)

みなさん、こんにちは

我が家の代満(しろみて)てです。


”代(しろ)”とは代かきを終えて、いつでもイネを植えられる状態の水田のこと。

そう、もうおわかりですね。

田植えが終わりました。ビ―ルが美味しい!!!


先にそれを言って・・・と。



※「代満て」の語源は、

 

田植えが終わった後、そのお祝いに村の人たちが集まって、

飲食をともにする祝い事です。


岡山は全国的に最もお米の収穫時期の遅い県です。

中北部では最盛期ですが、ここ南部地域では我が家は最も早い田植えです。


なぜ早い時期に?


柔らかく、粘りのあるお米

   =極早生コシヒカリ系品種の

    ”ひとっめぼれ”を栽培したい。


極早生なので病・害虫の発生初期に収穫可能

  =殺菌剤・殺虫剤を散布したくない。

   過去5年以上、植付け時期以外は無使用。


こだわりは、

・多収穫を求めない。

・粗植して、元気に育てる。

・勿論、長年の牛ふん堆肥、低化学肥料栽培。




半分終わって、ちょっと休憩。


真っ直ぐに植えるのが、なかなか難しいです。

これなら、合格。


こだわりのポイントはここ!!

一株の苗の本数は1~3本、しかも広幅と、通常の約半分。

10アールあたりの苗箱数も標準の8~9割。

見た目は、さすがに頼りないです。




元気に育ってくれよ。







三回目の引越

 我が家では今年3月から本日までの三ヶ月間に

長女が卒業→研修→配属と3回引越しました。


今回は引越先の受け入れ時間を指定しないといけないので、

業者さんに無理なお願いをしました。


ネットの引越し見積もりサイトから見積もりお願いすると、

五分も経過しないうちに7社から回答が寄せられました。

一瞬、どこにしようか迷いましたが、数社に連絡しましたところ、

それぞれ特徴がある

金閣だけでは決められないなって感じました。

応じていただいた業者さん、

それぞれ誠意を持って対応していただきました。


依頼者としては目安でも具体的な金額を示していただくと安心ですね。

尋ねること数社目、

条件を引き受けてくれる業者さんと成約できました。

それが人力引越社さん。


引越し費用も最小にしてくれたと思います。

対応もTELとメールで確認しながらなので安心でした。


親切で、タイミングに合わせて早めの連絡、




発送当日のこと。


予定時間がわかった5時間前に最初の連絡が入りました。

さらに、トラックが近くになった1時間前にもう一度連絡。

そして、遅れが予想されていたにも関わらず

結果は予定の範囲内。


雨が降りしきる中での積み込み作業。

雨のため、4トン車を庭に入れると

庭がぬかるむからか、

道幅が狭いせいか庭まで入らず、

手で運ぼうかと・・・

ちょっと待って



その時、たまたま勤務の関係で長男の軽自動者がある。

あれで、ということになり200m先のトラックまで搬送。

30分足らずで運んじゃった。

直前になって荷物が2個増加、でも見積もり金額でOKだと。




そして、翌日


もう到着しているかなっと思っている時、


長女から、


「冷蔵庫をどこに置こうか・・・」と電話



オー、予定通りについた

人力引越社さん、お世話になりました。









ちょっと雨休み、とはいえ・・・

<5月16日(月曜日)のこと>

 こちら、田舎の一軒家は農繁期を迎え、大忙しの毎日です。

でも今日は雨なので、久しぶりのお休みです。


ところが、こんな雨の中、

長女の引っ越し

ここ岡山から大阪へ向けて家財を発送しました。




一方、本業のほうはというとブドウ、稲作、ジャガイモ、自家用野菜。

それに加えて、”ささげ”を栽培しようとしていますから大変。

高齢の母がいなかったらどうなることか。


忙しいんだけど、いろいろな発見があり

汗も気持ちがいいいです。

一つひとつの作業結果が目に見えるのもいいです。

達成感というのは大げさですが、それ以上

収穫の楽しみがある。

最近はアスパラガスやレタス、それにスナックエンドウが美味しいです。


ただ、困るのが雑草。

当たり前とはいえ、全てが一斉に大きくなります。

こちらの都合を全く考えてくれません。



でも、でも、

田舎ぐらしはまんざらでもないな、って感じます。


どんなことやているか紹介しましょう。



田植え間近のイネの苗です。

”ひとめぼれ”というコシヒカリ系の極早生品種です。

植え付け本数を抑えて元気に育てて、今年も低農薬栽培を実現させ、

収穫は天日干しして、柔らかい粘りと食感を引き出すことにこだわっています。

 もち米も自家栽培します。




代かき前の水田です。たな田ですから作業が大変。

たな田といえば、石川県の「千枚田」は有名ですね。




先日紹介したジャガイモのうち、”出島”という品種の開花始めです。

一ヶ月後に収穫します。



こちらは黒大豆とささげの植え付けのため、黒マルチを張りました。

「ささげ」と「小豆」がよく似ていますが、見た目の区別も難しいです。

その違いを近いうちに紹介します。ハウスは近所の方ののブドウ園です。







これから、更に忙しくなるのがブドウ。

たくさんの種類がありますから、近いうちに紹介します。