田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゆず皮ジャムつくりに挑戦

柚子はすばらしい健康食品ですね。


レモンの2倍というじゃあないですか。


とりわけ、皮の部分に含まれるヘスペリジンは
毛細血管を広げて、血流改善に役立つ。


フウ~ン


ならばたくさん作ってみようと


収穫した20キロくらいのユズは
全部ジャムにしようと・・・・



ジャ~ン


薪釜の登場です。



最初の丸ごとの煮つけやビン消毒は薪釜で




丸ごと煮たユズを
一夜水に浸しておいて、

水切り➡種抜き➡千切り


◎たくさんの種は焼酎漬けです。
3か月のちには化粧水として妻に。



たくさんのユズだから大がかりの作業です。


最初、煮詰めるときも薪釜でやっていたのですが、


一時間もすると熱くて、暑くて・・・



途中からIHに交代
トータルで90分くらい煮詰めたかな。


そして出来上がりが


これです。


大根の千切りとあえていただくと


ゆず皮の甘酸っぱい味と、
独特の苦みも悪くない。


柚子が好きな方にはお勧めです。


砂糖10%と30%を作りました。


砂糖が少ないとトロ味がないけど、
後で加熱しながら調整できるからね。

◎この瓶一本に1000~1100グラム入ります。
◎手打ちそばのご注文の方に優先ですが、
おすそ分けできますよ。

いつもご訪問、ありがとうございます。







自然からの贈り物・・・柚子(ゆず)

これ、ミカンではなくユズですよ。
自然が授けてくれる宝物です。



体を温める効果や、
毛細血管を広げて血流をよくする働き、
気持を落ち着かせる。
豊富なビタミンやミネラルを含みますね。
料理に使うと減塩料理が容易にできるそうですね。


当地のユズはどうやら不作みたいです。
そのためか皮が厚くてしっかりしてます。


いつもながら鋭いとげに邪魔されながらも


30キロくらい収穫できました。


あたり一面がユズの香りに包まれます。


樹齢30年くらいのユズの樹が6本。


今の時期に間引き選定して


樹木の中のほうまで日差しが入るように
間引きせん定すればいいのですが、
鋭いとげがあるので危険です。


一人の作業では大変です。


さてさて、
魔法の筆さん、ミカンとの違いを
どう描いてくれるでしょうか。


いつもご訪問、ありがとうございます。


九か月の長旅

先日も倉敷末井センターでスイミング。


体を水に浮かべて
グーンと背伸び


水泳の基本姿勢ですね。
少しでも前方へ手先を伸ばして


グイっと水をかき込むのではなく、
その支点に体を引き寄せる・・・


という具合なら、
スーと伸びる泳ぎになっていますが、


おやおや、
お隣は反前傾姿勢
これではなかなか進みませんね。


人のふり見て、我が身を正せという
言葉を思い出しました。



さてさて、


今回は玉ねぎの定植。


9月20日に種まきした苗
1500本くらいでしょうか。


植え付けのの際には根をまっすぐに伸ばして、
深植えにならないように。


水泳と同じように体をまっすぐに伸ばして、
水面をすべるように。

※☝は活着した早生玉ねぎ。☟は密植気味の玉ねぎの苗床。
玉ねぎさん
これからも長旅が続きます。


いつもご訪問、ありがとうございます。