田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブドウのお届け予定は18日夜

雨天が続いていていますね。


稲刈りを始めた。
イノシシが踏みつけた稲を
手で刈り取った後にバインダーで刈ります。


でもお天気は雨模様。
ちょっと一休みして、ブドウの出荷準備です。
稲の天日干し、


こちらでは「はぜ架け」と言っていますが、
珍しくなってきました。雨の後に撮影しました。
魔法の筆さんもイラストにトライされます。
楽しみですね。


コンバインだと、翌日には袋詰めできますが、
はぜ架けの場合は約一か月天日で干します。




さてさてお待たせしている、
ブドウのお届けのこと。


あいにくの天気で

シャインマスカットが熟すのが遅れるかも?
と、気になりつつも



ムラゴン&BASEのお客様には
一週間後の18日にお届け予定です。
ご希望の連絡の無い方は18:00~20:00として
発送します。
産地直送ですから、食べごろは2~3日後で、
日持ちがよいので、冷やしすぎないようにしてくださいね。



いつもご訪問、ありがとうございます。




秘蔵の、南蛮キセル

まあ、この秋は


いろんなことがあって
皆さんのブログになかなか訪問できません。


台風や地震の被災の報せがあっても
何もできなくてごめんなさい。


早く元の生活に戻れることを願っています。
今回はこれを見て一息ついてほしいです。


今、
我が家の風物詩として紹介するものは、


南蛮キセル


田舎でも自生している姿は
ほとんど見かけなくなりました。


今年もと、
草刈のタイミングを見計らって
生えそうな場所が
ちょうどススキの陰になるようにと。


草丈は15センチくらいかな。
これからどんどん生えてきてほしいのですが、
まずは一報。


可憐でしょう。



昔のこと、


その姿はタバコを吸うときに使われていた


吸い口のキセルみたいですね。


その姿、魔法の筆さんはどう
描いてくださるでしょうか。

いつもご訪問、ありがとうございます。



収穫の秋

やっぱり私も日本人


黄金色に


大きく垂れ下がった稲穂を見ると


秋だなと感じます。


これは早生品種の”ひとめぼれ"です。


今年はイノシシが入った田んぼもあるので
すべて手刈とバインダーで刈り取って
天日干しの準備をしています。


コンバインだと簡単なのですが


口当たりと味にその差が出ます。


今年も低農薬栽培です。
殺虫剤を一回、苗の時だけ使いました。


お天気になあれ!!


さて
お楽しみの魔法の筆さんの登場です。



いつもご訪問、ありがとうございます。


☆彡ブドウは台風の被害を免れ順調です。
あと一週間h度先に収穫予定です。


☆彡次回は秘蔵の◎◎◎◎◎です。