田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

祝・成人 我が家のトピックス

  この度、長女が成人を迎えました。


式典と、同日開催された同窓会は思い出深いものとなったでしょう。

倉敷:美観地区にて

⑦ 次の目標 「日本赤十字水上安全法講習にチャレンジするぞ」

  日本赤十字社の水上安全法(水難救助)と消防の水難救助法との違いは、
赤十字は自力で泳いで救助する、これに対して
消防法は、救助器具を活用して多くの人を救助する技術を養います。


 チャレンジのきっかけは、水泳教室の先生がその指導員でもあることを知り、興味津々。
その時の私の泳力はというと、クロールでやっと連続500メートル
泳げたかどうかというレベル。
「一年先の講習にでたら」と、泳力試験合格基準と練習方法をアド
バイスしていただきました。とにかく泳力がが第一とのこと。 受講
するには泳力・体力をつけなければ講習についていけない聞き、
チャレンジすることを決めたのです。


そのタートが遠泳と四泳法でした。

この表は再掲ですが、これが当初の水泳日記の取りまとめ表です。
この表の裏に毎日の記録があります。練習への気負いや、焦り、
達成の喜び、あるいは孤独の積み重ねです。


http://yasaihoridas.thebase.in/

⑥ スラリと伸びた脚(バタフライ)

  今回は水泳レッスンの私の日記から
 ここでドルフィンキックなるものが登場。
間近に見る選手の動きが、なるほど蝶のように見える。
クロールは大丈夫だから・・・と気軽な気持ちでチャレンジした。
しかし、両手となったら顔が上がらない。息継ぎができない。
      

 ックは足でけるのではなく、体のバネでけるのだと教えてもらう。
胸から下腹部、そして足首へとバネのように入るといいよ」
 練習を繰り返し、キックができるようになったら、
自然と体が浮いてきているではありませんか。


・・・が、 ここでも足の長さが分け目。水泳教室のメンバーで
スラリと伸びた脚の人は、見ていてもキレイだし、
なめらかにグイッと進む。
ところが、ずんぐりむっくりの私はバシャ、バシャして進まない。


 それから2後に、日本水泳連盟の水泳検定2級:個人メドレー100mへの挑戦に。