田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

フニャ・フニャの苗が・・・

先日は、この夏一番の暑さとか。
やっと朝夕がしのぎやすくなったというのに・・・


そんな暑さでも、
秋野菜の植え付けは待ったなしです。



ものすごく足の長~く、
まるでもやし同然です。



これはキャベツの苗、
炎天下だと、
アッという間にフニャフニャに


うっかり油断するとしおれて
台無しになるのが
今の時期の難しさです。



あんなに貧弱なモヤシ苗でも
やっとしっかりしてきました。


「えっ・・「と思うでしょうけど、
秋・冬キャベツは今からが定植時期です。


この暑さを乗り切るからこそ
甘いキャベツになるのでしょう。


でも、でもこの暑さ、
キャベツさんも参ってしまいそうです。
どうしたものかな~



いつもご訪問、ありがとうございます。






収穫は間近に

小雪の降るなかでの芝刈りがら
やっとその実りの時期になりました。



フムフム・・・
少~し熟期が遅いシャインマスカットも
粒が大きく、柔らかくなっていますね。




ピオーネはやっぱり、ブドウらしい色合いです。




真っ赤になってくれない安芸クイーン。
でも、独特の渋みと甘みは順調そのもの。




コロ~として、
次世代のブドウとも言われる
オーロラブラックだ。



薄皮で皮ごと食べたい
瀬戸ジャイアンツも甘みが高く
なりつつありますね。



もうすぐ収穫期です。



いつもご訪問、ありがとうございます。






ピリッと、ミョウガを

みなさん 
こちらは暑い日が続いています。


一昨日も早起きして、
できるだけお昼までに目途をつけようと
南蛮キセルの自生地の草刈り。
最近なかなかみられなくなった山野草ですが、
10月頃に花を咲かせてくれるのが待ち遠しいです。
そのための
草刈りのタイミングが今


暑い日とはいえ、爽やかです。
やっぱり秋の風ですね。



今日はミョウガでピリット


私は素麺が大好きなんです。
かやくや、らっきょう酢漬けで
いただきま~す。
また、搾りたてのこってりした牛乳もいただけたんですよ。


もう少しで気象も安定するでしょう。
秋本番が待ち遠しいですね。


今日もご訪問、ありがとうございます。