田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

秋には柿が似合う

朝夕、肌寒さを感じるようになってきましたね。


こちらでも柿の色が変わり始めました。


庭のキンモクセイの香りも漂っています。


これは西条柿といって、
我が家では吊るし柿にしますが、


熟すのはもう少し待ってほしいな。


吊るし柿はすっきりした晴天が似合うよ。

◎地形的に台風24号の風による落葉も少なく、
順調に成熟しつつありますね。


魔法の筆さんの秋色はこちら。


ところが、


秋色なんて悠長なこと言ってられないんです。
聞くところによれば、
台風25号


刈残っているモチ米
すでに倒れて待っている。
寝て待つのとはわけが違います。


あーあー
困ったな。


ところで、みなさん、
ブドウのご用命ありがとうございました。


またいつもご訪問、ありがとうございます。

この秋を象徴

台風24号


すごい雨。
でも風はかなりつよいものの、
暴風の手前かな



と思いきや


バタン、


ゴーゴー


とすごい風の音


そして

今は平穏になりましたが、
水田や畑がどうなっているか気になります。


しかしこの24号
この夏の猛烈に熱せられた
太平洋からの申し子みたいです。


また、9月に入ってからは
すっきりしない天気ばっかり。


これも申し子かな?


松茸ならいいのにな~

山裾の木陰に


こんなにでっかいキノコ


このキノコを見たのは


数年ぶり


いいえ、もっともっと昔のこと。


この秋を象徴しているみたいです。


いつもご訪問、ありがとうございます。


見えないところに宝物

いつもの年はお盆過ぎに植えるのですが、


今年は特別。
だから植え付けはすこしずらして8月末に。
これば今の馬鈴薯。


出島(でじま)です。


スクスク大きくなったのは体だけ。


お目当てのお芋は土の中に。
宝物はまだ卵の大きさまでなっていないでしょう。


このまま放っておくと
蒼い芋になるでしょう。


だから土寄せしましょう。


霜が降りる前まで待ちぼうけ。


でも、
とっても楽しみです。



さて、魔法の筆さん
どんな馬鈴薯ですか?

いつもご訪問、ありがとうございます。