田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

台風10号の爪痕が

この光景、


見慣れた方も多いかと思います。
そう、蕎麦ですね。
たくさんの花だねと思うと

とんでもない!!!

昨年のこと、
汗だくだくでやっと収穫した
蕎麦のこと。



予想以上に少なかった。


やっぱりね。


台風10号で
こんなにたくさんの蕎麦の実が
落ちていたんだね。


高冷地はら6月に収穫できるそうですよ。
でもこの地方では製粉コストを思うと
割が合わない。


つらいけど


秋蕎麦、
今年もチャレンジするからね。

いつもご訪問、ありがとうございます。

大粒ブドウの種無しって

前回は古来のベリーAという中粒の種無しの紹介
でしたね。


興味のある方へ続編です。


小粒種のデラウェアに種があると、
食べるときとても面倒ですね。
「なんとかして種を無くしたい。」
その思いからいろいろ研究が進んだのでしょう。


品種によって方法が異なるのですが、
種無ししやすい品種とそうでない品種があります。


ここで一例をご紹介しましょう。


大粒種で比較的種の抜けやすい品種の一例ですが、
開🌸後の一回だけ。


そのタイミングは、
この時
(果粒がマッチ報の先の大きさ)


①ジベレリン濃度もベリーAの四分の一。


②補助剤として🌸カスが取れやすいように混合します。
これは病気予防のためです。


③そのほかに果粒を大きく、また着果安定のために補助剤を混合します。
つまりジベレリンのほかに二種類の補助剤を使用します。


これであとはお天気と神様にお任せ。
タイミングや濃度はとても大事


うまくできなかったら


取引お値段は
おそらく三分の一かな?
というより、岡山の産地では
種が残っているブドウはワイン用でも
ほとんど流通していないと思います。

いつもご訪問、ありがとうございます。


種のないブドウの秘密🌸

ブドウの開🌸です。

☝は満開🌸ベリーA(中粒種)
☟は開🌸中のオーロラブラック(大粒種)
その☟は開花の終わった安芸クイーン(大粒種)



おなじみ魔法の筆さんの登場です。


ジャ~ン


雄しべの花粉が雌しべにと・・
受粉、そして種ができる。


ごく自然のお話ですが、


じゃあ、種の無いブドウは?

種のないブドウの品種なんて、
私は知りません。



種無しの処理は開🌸前後の時期に行います。


ブドウの品種によって方法が異なります。


ベリーAという中粒種の場合はどうするか
基本的な事例をご紹介しましょう。



使用するのはジベレリンという
植物の生長点にたくさんある成長ホルモンです。


同時に作用を助ける補助剤も混合します。


①開花の前にだ一回目の処理をします。


②に、開🌸7~10日前に
ジベレリン100PPm液を漬けます。
コップの水にちょぽんと入れる感じです。
開花までに房の形を整えておきます。


③は、開🌸の後、7~10日のちにもう一回、
②と同じ処理を行います。
マッチの棒先くらいの大きさになっていますね。


簡単そうですが、
開🌸予定日って、いつのことなのか?
個体差もあるのでタイミングが難しいです~


最初の処理では自然界の濃度を
はるかに超えるジベレリンによって、
将来種になる細胞を爆発的に生育させる。
ちょうど花火のように弾けるイメージです。


第二回目の処理の目的は、種がなくなった状態になるので、
つまり最初の処理で種子ホルモンが出なくなったので
つまり果肉となる細胞が大きくならなくなったので、
果肉細胞そのものを大きくする目的です。
そうしないと小粒種みたいにな。ちゃいます。。


という流れですが、
うんうんと
大粒種や違う品種も
同じように処理すると・・・・・


ダメ
ジベレリン濃度、タイミング、補助剤も異なります。



いつもご訪問、ありがとうございます。