田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

① 体の芯からホカホカ暖くなる ”薪ストーブ”

       薪ストーブのシリーズ開幕 

※リビング(和室12畳)+キッチン(10畳)のほぼ中央に設置


 やっと冬らしくなりました。
田舎の一軒家では、一日中、薪ストーブが活躍しています。
薪の燃える音が「こんこん」と鳴ります。炎を見ながらのんびり
お昼寝は最高、というわけにはなかないきませんが、家全体の暖房が可能で、
体の芯までほのかに温まります。


 まず、薪ストーブの紹介から。絵本などでは暖炉が登場しますが、
ドアを閉じて燃焼させているのは薪ストーブです。何故かというと、
流入する空気の量を調整して、燃料となる薪を効率よく燃やすように
設計されています。煙の中に含まれる可燃物をもう一度、二次燃焼室で燃やすのです。炎の色も、暖炉は黄色っぽい炎の色ですが、薪ストーブが
フル稼働している時の炎の色は透明に近い赤紫色です。

※上図は最高稼働状態の炎。炎の顔は様々、今日はどんな顔かな?


 かねてからの念願の薪ストーブを購入し、自分で設置しました。
そのエピソードをシリーズでお届けします。

⑭水泳シリーズの最終版

   距離は2倍、タイムは10秒以上短縮と、水泳検定
1級はまだ影も見えない
それほど大きな、上級への道ですが、目標のないものはつまらない。
まず、バタフライとクロールの強化をやってみよう。
  そして一年後、クロール50mを45秒台まで短縮できました。
(男子50歳台:検定3級では60秒以内)
 

 バタフライは? 検定ではタッチミスで失格。
両手の同時タッチにならず、左右の手が同時でなかったので
記録なし。失格理由も全館放送されました。


あとがき


  私の6年間の水泳日記をもとに、新年の幕開けから連続して
アップしてきたスイミングシリーズは今回が最終版となりました。
 ご愛読ありがとうございました。


 私は、スイミングをやっている時の体調はベストでした。
健康診断で精密検査を指示されたり、寒くなると風邪で寝込む。
さらにメタボの追い討ち。思い切って始めたスイミングは
予想以上の成果をもたらしました。


 トップを目指すアスリートから見れば茶番劇と思われるかも
しれませんが、練習は地道で、孤独との戦いであるかもしれま
せんが、何事にも、目標にむけて一つずつ積み重ねていく
ことが大事だと感じました。


 また、このシリーズに対して、「ホットな話題だ。」、
「目標は大事」とコメントいただきおおいに励みになりました。
 この日記の裏でお世話になった多くのみなさんへの感謝の気持ちは、
義兄のお手本に習い、献血という形に変えて参りましたことを
補足し、このシリーズのまとめと致します。


ありがとうございました、

⑬ 二度目の2級(100m個人メドレー)チャレンジ、結果は?

  何としても合格したいと、検定に向けて練習を200m個人メドレーを
試みた。この練習はきつい。
でも終盤のクロールでタイムを短縮できる。
それからまる一年後。(画像は練習日記の一部)

   ※入院期間はたまたま、プールは震災対策対策の工事がありました。


合格じたか?


結果は・・・・

3秒50短縮でクリア、しかし参考記録
クリアーできたのに、なぜ?
理由は、感激して最終泳者がゴールする前にコースを移動してしまったから


アレ~~~


でも私の目標は当然ながら水泳検定1級へ更新。
60歳男子の1級は、200m個人メドレーを4分05秒以内。
目標が大きすぎるけど、とりあえず一つずつやるかな。