田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

田舎の風物詩。 さあ、ブドウは間もなく収穫

気になる台風18号


今年のブドウは大粒、しかも残暑が続いたため
着色が遅れていますが、
ようやく、来週にはお届けできそうです。


ご注文頂いたみなさん、おまたせしています。
あと一週間です。


おッと・と・と、
今日は田舎の風物詩、
稲の架け干しです。


最近、忙しくっって


魔法の筆さんも描いてくれているでしょう。

これはモチ米です。


昔ながらの風物詩、
懐かしいでしよう。




それから、
チョッと、これ!!

※まだ親木とつながっています。
お目覚めが間近になった”瀬戸ジャイアンツ”です。


大粒で特に熟期が遅れている
瀬戸ジャイアンツ”です。
「もう少し」と、
親木から離れるのは数日後のこと。


ご注文、まだ間に合います。
なお、冷凍用ブドウはお得ですが、ご希望はコメントかメールでお待ちしております。



いつもご訪問、ありがとうございます。







のどかな秋の田舎、ソバの✿花✿

昔、むかし、
秋の田舎の風物詩のソバ畑です。


昔のことを懐かしく思いだしてくださる方も、
こうしてみると、質素ですね~


ソバの生育は早いです。
種まきして、発芽すると


あれこれしているとまもなく、
土寄せしてやると
一気にたくさんの✿が

土寄せしてやらないと
・・・・
ペタン


そうなる前に
しっかりと株を支えてやりましょう。


秋風が爽やかです。
冬にはみんなでそば打ちしようよ。


魔法の筆さんはどんなソバを描いてくれたかな



今、田舎の一軒家では岡山ブドウのご注文を
承っています。
ご龍紋頂いたに、ありがとうございます。


 ところがBASEシステムで
送料が重複するというアクシデントが
発生しました。該当された方にはお詫び申し上げます。
補填させていただきますので、
今後共よろしくお願い致します。


いつもご訪問、ありがとうございます。



真夏の、あの灼熱処理、その効果は

みなさ~ん
残暑や長雨が落ち着いて、
ホッとしましたね。
思い出してもスゴイ暑さの毎日でしたね。


そんななか、田舎の一軒家では真夏の太陽のエネルギーを
有効に利用しようと、
灼熱処理をご紹介しましたね。
植え床をビニールで覆って、70℃以上の高温の環境ずくりです。
土壌の活性化と同時に線虫退治です。


これはその後に植えたキュウリです。
ネットがあってわかりにくいですが立ち姿は三角形、
勢いがあるでしょう。


こちらは、あのヒョロヒョロ苗のキャベツです。
もうこれなら大丈夫でしょう。




あのヒョロヒョロ苗とは思えないこのキャベツ。
この成果、どうですか。
キュウリもキャベツも元気良さそうでしょう。
きれいな✿にはトゲがある。
キュウリが元気だとトゲも元気ですよ。


ところで、田舎の一軒家では
真夏の暑さを乗り切っ野菜たちです。



田舎の一軒家では、年に一度の大々的なイベントです。
BASEでブドウの紹介を行なっていますので、
どうぞお越し下さい。


いつもご訪問、ありがとうございます。