田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コロ・コロ・ころっと

コロ・コロ・ころっと
お目見えしたのはメークイン


馬鈴薯です。
長雨の前に掘り取ろうと
朝から汗を流していました。


しばらくすると
お隣がビニールハウスのあたりに差し掛かると、
葉っぱがよく茂っていたところで
たくさんのお芋がコロ・コロ。
おいしそうです。


全体が
こんなにたくさん掘れればいいのにな~


思わず手を止めて
家に帰ってカメラ。


パチリ


お隣では白い🌸が咲いています。


出島(でじま)という馬鈴薯です。
ちなみにメークインは赤紫色の🌸でしたね。
今が🌸盛りだから
掘り取りは一週間くらい先かな。


きっと魔法の筆さんのメークインも
おいしそうでしょう。



いつもご訪問、ありがとうございます。








ギュッとねじって

ブドウの新枝が元気です。


大きく育って~


ところが
ところが


あまり伸びすぎると
果実の栄養はどうするの?
来年の花芽も作らないと


ってことに・・・・



だからまっすぐに上方向に延びている枝は
ねじって横方向に固定しましょう。


すると、


ポロっと


枝の付け根部分から折れてしまいました。


あららtt


そこで


節と節をつかんんで
ギュッとねじてやると。


ポコンッと軽い音。

こうなると曲げやすくなります。
これを数か所すると大丈夫・


それから枝の付け根を持ったまま
弓なりに曲げると
ほらっ
うまくいくでしょ。


新枝の捻枝(ねんし)と誘引の
お話でした。


・長く伸びた枝の先端は摘心して
大きな葉に育ててやりましょう。


・巻つるも切ってやらないと枝同志が
引っ張りあったりして面倒ですね。


あらら
農作業メモになってしまいましたね。


いつもご訪問、ありがとうございます。



今年は上手にと、、、しかし

吊るし柿用の西条柿。


いつも開花🌸の写真が
上手に撮れません。


一応
撮ってはみたものの、


さて
どれが雌しべでどれが雄しべなのか?

ひょっとして、
もう開花🌸は終わったのかな?


よくわからないけど、

日差しの入るようにと、
無駄な新枝をカットしたんですよ。


柿さん
気落ちよさそう。


いつもご訪問、ありがとうございます。