田舎の一軒家/こだわり農家

自然の恵みを土づくりに 活かし、作物を元気に育て、自然の風味と素材の味を引き出すことは簡単なことではありません。
しかし、農薬や化学合成肥料などに頼らないことにごだわり、小さな農家だからこそできる昔ながらの農法を実戦しています。
 ブログでは田舎生活の安らぎや醍醐味を紹介しながら、農作物の生産便りをお伝えします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

全盲の元教師:竹内昌彦先生の熱い思い

秋のお便りをお届けしてきましたが、
ここで一息。


「いくら辛いことでもいつまでも続くことはない。
必ず明るい明日が来る。」


この言葉は岡山出身で全盲の元教師、竹内昌彦先生から教えていただきました。
その先生の思いに触れたことを紹介させていただきます。
勿論、先生の了解を頂いているのですよ。


それは
NPO法人ヒカリカナタ基金のこと。


「この子達は
手術で目が見えるようになる!!」


  先生はそのことに気がついた 。
 盲学校を退職後、役に立つ人生をおくりたいと、
モンゴルとキルギスに盲学校を設立し、
そこで学んだ子どもたちはマッサージ技術を体得し、
次々と自立しています。


そのなかで先生が気づいたこと。
それは、
この盲学校には手術で見えるようになる子供達がいるということでした。
しかし、親には手術費用はない。
 ここが基金設立の始まりです。


先生は小学校2年制のとき僅かな視力をも失い、
厳しい試練の連続でした。
さらに最初の子を脳性小児麻痺で7歳でこの世を去りました。
「お父さん」と一言も話せないままです。


今の自分は「子供のためには今直ぐにでも命を投げ出しても良い」という親の愛情があったからこそあるのだとおっしゃいます。
たった三万円くらいのお金で見えるようになるならと、
立ち上がったのです。
自分は微力でも、多くの皆さんの協力でできるじゃないか。
これがNPO法人ヒカリカナタ基金です。
今までにモンゴルでは70人、キルギスでは40人の子どもたちが
救われたそうです。


 主な疾患は白内障で、日本では大半の方が医療技術と健康保険のおかげで、症状が深刻化する前に手術で治ります。
しかし、
途上国では未だに
一生を左右する重大な病気なのです。



「一人でも多くの子供達に光を届けたい。」


私は、
竹内先生の熱い思いに感銘しました。



ヒカリカナタ基金はこちらから
↓ ↓ ↓
https://www.hikarikanata.com/



竹内先生の講演 の紹介
「私の歩んだ道 ~見えないから見えたもの~」平成27年7月10日
https://www.youtube.com/watch?v=RzQfyidFCMI


今回は少し変わった企画になりましたね。
先生の講演の動画は”いじめ”がテーマですが、
何回見ても感動します。


いつもご訪問、ありがとうございます。






もう、間もないですね。 銀杏(ぎんなん)

収穫の秋
おなじみの銀杏もすっかり色づき
もう間もなく落ちてくるでしょう。


街路樹のイチョウも黄色一色になるのもあとわずか。


野生種ではもうすっかり落ちているようですね。


この銀杏呑の実、
一ヶ月前まではピカピカと黄色く色づいていて
そのままかじれそうでした。



ここは
たくさん実っていますね。
オー ❢❢
今にも落ちてきそう!!


もちろん、そのままでは食べられませんよ。


熟して落果したら、
水にひたして一週間位後に
果肉を洗い流して、


繰り返し洗って
さらに数日、天日干ししてできあがりです。


すると・・・
カラカラっといい音に。



さて、魔法の筆さんの銀杏は?


いつもご訪問、ありがとうございます。





月見で一杯、おつまみに枝豆

秋の連載いかがですか。


魔法の筆さん、見事に描いてくれますね。
メインの周りにも注目したいです。
茎、葉、小枝の一筆を見ればよく解りますね。

今回は黒大豆
葉をかき分けていくとやっとおめ見え。
混み合っているので、魔法の筆さん、
チョット難しいかな。


豆はというと、
もうすっかり膨らんでいます。


この黒大豆は
枝豆としては今が旬

本来の枝豆の品種よりも
甘くてこくが
ありまますよ。


この味、ブログに書けないのが残念。
健康食品でもありますね。


岡山県北部の特産品で、
ご存じの方も多いかな。


人気があるんですよ~


わが家の出来は70点かな。



抜いて、ひっくり返すと


でも昨年は葉や茎が茂り過ぎで、
残念な結果になっただけに
これでも満足しています。


ひと鞘に二粒以上豆が膨らんでいて、
虫害がほとんどなければベストですが、
そこが難しいです。

黒大豆は発芽時期、開花時期には
たくさん雨が降るといいのですが、
当地ではカラカラ天気が続きました。


何回もかん水して、やっとできた。


これが収穫の歓です。


いつもご訪問、ありがとうございます。